池袋クリニックに行って検査する

がん検診の勧め

日本人のほとんどが胃がんや大腸がんで亡くなっているのです。なので、一刻も早く病気を発見して完治するためには定期検診が必要不可欠といえるでしょう。また、どのようながん検診が行なわれているのかを知っておくといいです。

受けておくべきがん検診

no.1

人間ドック

人間ドックは人体の細部までがんがあるかないか調べることができます。また、費用は高いですが一度行なうだけで身体の状態を把握することができます。身体に違和感や病気の症状がある場合は、迷わず人間ドッグを受けるようにしましょう。

no.2

胃カメラ検査

日本人ががんになりやすいものとして、胃がんがあります。ですので、費用を抑えたいのなら、胃カメラを選択するといいでしょう。また、最近では痛みが少ない胃カメラもあるので、気になる方は利用してみるとよいでしょう。

no.3

大腸がん検査

大腸がんは初期症状が皆無のため、症状が悪化しなければ知ることができません。しかし、初期症状がないからと放置しておくと体を健康にたもつことができないので、検査を受ける人が多いのです。また、便を提出するだけでいいので、簡単です。

no.4

乳がん検査

著名人がたびたび乳がんになったことから、乳がん検診の大切さが広まっています。また、赤ちゃんができたら母乳をあげなくてはならないので、子供が欲しいと考えているなら毎年検査をするようにするといいでしょう。

no.5

子宮がん検査

子供が欲しい女性にとっては一番の悩みになってしまいます。ですので。20歳を過ぎたら子宮がんを受ける方が多くいるのです。また、市町村によっては無料で受けることができるので、そういった機関を利用するといいでしょう。

がんの検査方法

女医
電話で予約 池袋クリニックに来院する前に電話で予約をする必要があります。また、確実に検査を受けるためにもあらかじめ、スケジュール帳をよく確認してから連絡を入れるように心がけましょう。
日にちを守る 予定した時間の30分前には池袋クリニックに来るようにし、先に問診票を記入しておくとスムーズに検査を進めることができます。また、問診票には自分の住所や過去に発症した病気を明記する必要があるので、前もって整理しておくといいかもしれません。
ラフな服装で行く 池袋クリニックに着いて問診票を書き終わると、用意された服に着替えなくてはなりません。ですので、着替えやすいゆったりとしたTシャツやジーパンをはいて行くことで、スムーズに着替えを行なうことができます。
トイレに行く 池袋クリニックの子宮がん検査の場合、エコーで尿まで見られることがあります。ですので、恥ずかしい思いをする前にトイレに行って用を足しておくといいでしょう。また、トイレを促されることもなくなるので、安心です。
下着はすべて外す 女性にとってはとても恥ずかしいことですが、池袋クリニックのがん検診を受けるには下着を付けたままではできません。ですので、病院で用意された服に着替える時には必ず服や下着は全て脱いでから検査を受けましょう。
広告募集中