池袋クリニックでがんが判明した時

がんにならないために

がんになってしまうと、莫大な手術の費用がかかってしまいます。そうなる前にも1年に1度に人間ドックを受けるなどして、治療しなくてもいいように健康に気を遣わなくてはなりません。そうすることによって、家族や会社にも迷惑をかけることがありません。

医師に告げるべきこと

アレルギーがあると投与不可

食物アレルギーや薬アレルギーなどがある方はがん治療をする前に医師にその症状があることができないんだって。だから、アレルギーの有無を知らせずに治療を始めるのはあまりよくないので、ドクターに相談するといいと思うよ。

妊娠中は治療できない

赤ちゃんがお腹の中にいる時に治療は難しいらしいです。だから、私は医師とよく相談をして、赤ちゃんが生まれるまで治療をしなかったよ。赤ちゃんが大切なら治療を伸ばすか中絶をしてでも治療するかするといいかもしれません。

通院中はエヌジー

通院中で薬を毎日投与しているなら、ちゃんと医師に病名や薬の名前を伝えておかなくてはいけないと言われました。なので、お薬手帳を作っておくと、伝え忘れを阻止することができるので、適切な治療を受けることができますよ。

サプリメントを服用中の方

市販の健康用のサプリメントであっても、医師に伝えておかないといけないみたいです。他にも、薬局で買って飲んでいる薬でも副作用が起こるみたいなので、きちんと医師に報告して治療に専念するといいかもしれませんね。

治療済の方

今まで大きな病気を発症してしまい、放射線治療や化学治療を受けたことがある人は治療が難しいみたい。でも、病院によっては受け入れているところもあるから、まずは自分の目で確かめるといいかもしれませんよ。名医を探すのが得策です。

がん治療にはお金が必要

ハートと聴診器

給付金を受け取る

池袋クリニックでがんと診断されたのなら、ありとあらゆる給付金を受け取るといいでしょう。また、市役所にいくことで、生活保護などの手段も取ることができるので、まずは専門機関に相談することが大切となっています。

定期預金や生命保険をストップする

池袋クリニックに診断に行く前に保険に入っていたのなら、全て解約することによって、まとまった費用を得ることができるようになるでしょう。また、がんが見つかってからは加入することができないので、健康なうちから入っておくべきです。

貯金を下ろす

今までせっせと働いて貯めてきたお金だからこそ、池袋クリニックのがん治療のために使うべきです。また、初期段階なら安く抑えられる治療法もあります。また、分割をすることもできるかどうか医師と相談して検討するといいでしょう。

お金を借りる

全く貯金をしてこなかった方はお金がありません。しかし、がんを治療するには100万円全後の費用が必要不可欠になるので、親や友達などに理由を説明して借りるのも一つの手です。他にも募金を募ることもできるので、トライしてみるといいでしょう。

広告募集中