池袋クリニックが行なう治療

実施されている治療方法

患者と看護師

薬を投与する方法

池袋クリニックでは、高活性化NK細胞療法が取り入れられておりナチュラルキラーといわれる細胞が含められた薬を点滴から体内に注入してがんそのものを抹消することができる治療法です。こちらは、値段も安いくなっており、体にも負担がないので、初期段階ならこの方法がいいでしょう。

細胞がやっつける

ハイブリッドNK遺伝子療法というものが池袋クリニックで行なうことが可能です。こちらの治療方法も細胞が癌細胞を見つけ出し、体内から根絶してくれる頼もしい治療法となっています。しかし、保険が効かないので注意が必要といえるでしょう。

短時間で終わる

池袋クリニックでは、高活性化アルファーベータT細胞療法を取り入れているので、体に負担をかけることなく治療を進めることができるようになるでしょう。また、時間も30分前後で終わるので、病院嫌いな方には打ってつけとなっています。

強化する

池袋クリニックでは、樹状細胞療法でがんを治すことも可能になっています。そして、体内から取り出した樹状細胞の免疫力を最大限に高めた状態で体内に戻すことによって、がんを寄せ付けない体にすることが可能となっています。

がんになったらしておくべきこと

とにかく情報を集める

がんになってしまったら誰もがショックで頭が真っ白になってしまいます。しかし、そのままでは治療するチャンスを逃してしまうので、情報収集をして名医がいる病院を探し出すのが先決といえるでしょう。そうすることによって、最善策を練ることができます。

保険会社に問い合わせる

がんと診断されてしまったら真っ先に治療費のことが頭に浮かぶことでしょう。ですが、保険に入っているのなら適用されることがあるので、まずは保険会社に連絡をいれて今の状況を伝え、どれだけ費用を受け取れるのか知るといいでしょう。

仕事について

がんになってしまったら、症状にもよりますが、長期間の入院を強いられることがあるかと思います。ですので、仕事場に連絡するか信頼できる上司と相談するかしておくといいでしょう。そうすることによって、休職という形をとれるかもしれません。

失業保険がもらえる

がんと診断されて万が一会社に存続できないとなった場合は、失業保険を受け取ることができるので、必要な書類を持って市役所に行くといいでしょう。また、収入がゼロになる可能性も大いにあるので、収入保障についても訪ねておくべきです。

専門機関にアドバイスをもらう

精神的に参ってしまうと治る病気も治らなくなってしまうので、専門機関に相談するといいでしょう。そちらでは、経験と知識を持った方が真摯に対応してくれるので、心配事を払拭することができ、治療に専念することができます。

広告募集中